人と人とのつながりを大切に。兵庫県神戸市の精神科訪問看護ステーション
医療法人社団 東峰会 関西青少年サナトリューム
ご相談・お問合せ
医療法人社団 東峰会 訪問看護ステーション クローバー
クローバー本部
クローバーたるみ
クローバーあかし
  • 訪問看護ステーション クローバー home(サービス紹介) >
    訪問看護の一日
    教育・研修制度
    スタッフの声
    募集要項
    クローバーからのお知らせ
    ■2019/12/11
    「利用者様の作品」
    「アートシップあかし2019」に利用者様の作品が展示されました。タイトルは「里親の猫」。飼っていた猫を思い出しながら描かれたそうです。 絵を描かれるのは日常のほんのひとときですがご本人にとっては大切な時間。そんな時間を共感できるのも訪問看護の魅力だと思います。
    ■2019/12/07
    「院内学会」
    12月7日(土)に「第10回関西青少年サナトリューム院内学会」を開催しました。
    毎年この時期に開催され、あらゆる職種の職員が普段取り組んでいる活動や研究を発表します。 午後は特別講演「オープンダイアローグについて」講師は筑波大学医学医療系社会精神保健学教授 斎藤環先生でした。フィンランドで開発されてきた精神科医療のアプローチで、 開かれた対話を積み重ねて患者さんの思いに寄り添います。普段の訪問業務での会話とは違う「対話」という技術、大変興味深く学ぶことができました。 午前の発表者の皆さん お疲れさまでした。斎藤先生ありがとうございました。
    ■2019/09/11
    「研修医の先生の同行訪問されました」
    こんにちは。9月に入りましたが残暑厳しい暑さが続いています。
    9月11日に西神戸医療センターの研修医の先生が訪問看護に同行して下さいました。精神科訪問看護について、退院後の暮らしぶりから精神面、身体面までの病状の観察、 見守り、指導などあらゆる角度から生活の環境調整をされていると思いましたと感想いただきました。利用者様にも丁寧にお話してくださり、私たちも勉強になりました。ありがとうございました。
    ■2019/08/29
    「院内勉強会に参加しました」
    8月29日に訪問診療の勉強会に参加しました。
    様々な理由で通院できなくなっている方やそのご家族の暮らしぶり、困っていることや希望について、事例を通して在宅生活をイメージしながら学ぶことができました。 リカバリーに焦点をあてた関わり、そのためには精神疾患を除去することではなく充実した時間を増やそうとする解決志向アプローチが役に立つ。 そのプロセスを考える時にヒントは他の誰でもない当人にあると考えるという言葉が自分の関わりの中でも意識していくこととして再確認できました。
    ■2019/07/18
    「医療・介護関係者研修」に参加しました」
    7月18日(木)14:00〜16:00 第7回医療・介護関係者研修に参加しました。
    今回は「地域で精神疾患とどのように寄り添うか  〜精神疾患の実情・治療・対処について学びませんか〜」というテーマで関西青少年サナトリューム 訪問診療室の西村先生、 当事業所の吉井所長が西区医療介護サポートセンターから講師として招かれ講義を行いました。
    介護関係者の方から「精神疾患の方との関わりが難しい、どう支援すればいいのか」という質問が多く寄せられる中、 研修は、講義と実際の症例を交えてのグループワークという形で、 講義は具体的でとても分かりやすく、グループワークでは、皆でどう支援していくかアイデアを出し合いました。緊急時のヘルプと日常生活でのサポート、自立生活を支えるための医療と 福祉の連携、リカバリーの概念ということについて深く考えさせられました。「生活能力は入院では改善しない」「退院後1年が勝負」「誰の困りごとが優先されるのか」「doingよりbeing、 つながっていることが大事」との言葉に、日頃の支援に対する姿勢が問われ、改めて背筋がスッと伸びた気持ちになりました。
    ■2019/04/11〜13
    「精神科訪問看護 基本療養費算定要件研修会に参加してきました」
    先日、精神科訪問看護基本療養費 算定要件研修会にクローバーから5名の看護師が参加しました。 3日間にも及ぶプログラムで、朝から晩までしっかり勉強してきました。 地域包括ケアがクローズアップされている今。全国から約400名の看護師、作業療法士、精神保健福祉士が受講していました。授業内容は興味深いものばかりで普段の訪問中の出来事が重なり合って「あ〜〜!なるほど!」の連続でした。また事例をもとに、どのような介入をしていくかアイデアを出し合うグループワークもあり、そのような考え方があったのかと刺激のある内容で大変勉強になりました。在宅医療における看護師の役割が求められていることを実感することができました。
    ■2019/04/04
    「お花見 行ってきました」
    明石市にある金ケ崎公園 にお花見に行ってきました。
    みんなで桜を眺めながら、お弁当とお茶とお菓子に舌鼓。
    お天気に恵まれ、楽しいお花見になりました。
    ■2019/02
    「訪問看護ステーションクローバーの公式サイトがオープン致しました。」
    神戸市西区の訪問看護ステーションクローバーのホームページにアクセスいただき、誠にありがとうございます。
    この度、新しいwebサイトを開設しました。
    現在まだ構築中ですが 少しずつコンテンツの拡充等を行う予定ですのでよろしくお願い申し上げます。


    事業所のご案内
    事業者指定番号
    2865290189 (介護)
    5290189(医療)
    管理者 吉井 栄子

    クローバー本部
    サテライト クローバーたるみ
    サテライト クローバーあかし
    ご相談・お問合せ
    医療法人社団 東峰会 関西青少年サナトリューム 理念
    敷居の低い 癒しの場としての 病院をめざして
    クローバーの理念
    ひとりひとりの人生を紡いでいく
    精神科訪問看護とは
    精神障害を持ちながら通院している方が、ご家庭や地域社会で安心して日常生活を送ることができるよう看護師、作業療法士、精神保健福祉士が定期的に訪問し、必要な支援を行います。日頃のちょっとした疑問、悩み事や、人とうまく話せない、生活のリズムが崩れやすい、病状について、薬についてなどといった精神科ならではの困りごとまで一緒に考え向き合っていきます。私たちはみなさまひとりひとりが地域で自立していけることを信じて支えていきます。
    精神科訪問看護
    訪問看護サービスの内容
    clover
    病状の把握や健康の相談
    病状の把握や健康の相談 service_image
    体温や血圧、脈拍の測定など体調管理はもとより心のケアも行っております。
    clover
    お薬の相談
    病状の把握や健康の相談 service_image
    お薬は飲まなくても飲みすぎても問題があります。処方されたお薬の作用、副作用を把握し、正しい飲み方をご指導いたします。
    clover
    日常生活面の看護
    病状の把握や健康の相談 service_image
    食事、睡眠、排泄、清潔保持、日中の過ごし方など安心できる日常生活が送れるようアドバイスや指導を行っております。
    clover
    精神科リハビリテーション
    病状の把握や健康の相談 service_image
    作業療法士と精神保健福祉士が在籍しています。買い物、料理、掃除、金銭管理など日常生活活動の自立を目的とした助言や練習、施設見学や散歩などの外出支援、福祉サービスの手続きの説明や支援を行っております。ご本人と相談しながら、したい生活ができるようなケアを心がけております。
    *24時間365日対応体制